市販薬、細菌性膣炎対策乳酸ジェル、「ギノフィット」は効果があるの?

市販薬、細菌性膣炎対策乳酸ジェル、「ギノフィット」は効果があるの?

細菌性膣炎が中々治らないで、お困りではありませんか。

・婦人科に行くのは面倒だし、ストレス

・おりものが嫌な臭いがするので、周りが気になる

・周りの人には恥ずかしくて相談できない

など、お悩みではないでしょうか。

こんな方に朗報なのが、自宅で簡単にケアできる乳酸ジェルがあります。

海外製品なので個人輸入になりますが、お医者さんの処方箋なしで購入できます。

今回は、細菌性膣炎対策乳酸ジェル、「ギノフィット」とその効果についてご紹介します。

●ギノフィット細菌性膣炎対策ジェルとはどんなジェル?

健康な膣内は膣内に常在しているラクトバチルス属の乳酸菌が乳酸を産生することによって、常に酸性に保たれています。

このため、外部からの雑菌の侵入や繁殖ができなくなっています。

ところが、ラクトバチルス属乳酸菌の減少や消滅により、膣内の酸性度合が低下すると、雑菌が膣内に侵入し、増殖して細菌性膣炎が引き起こされます。

”ギノフィット細菌性膣炎対策ジェル”は、膣内の酸性度合を整えて、効果的に膣炎を改善するジェルです。

この対策ジェルは、スイスの医薬品メーカーが産婦人科医と協力して開発したものです。

ギノフィットは細菌性膣炎の原因となっている細菌を殺菌・除菌するだけでなく、膣内のラクトバチルス属の乳酸菌を増やし、本来の自浄作用を取り戻すように働きます。

・ギノフィットの成分と効果

ギノフィットの成分は乳酸とグリコーゲンで、これらの2つの働きで膣内のラクトバチルス属の乳酸菌を元気にしていきます。

<乳酸>

ラクトバチルス属の乳酸菌の減少で膣内の酸性度合が低下しているので、乳酸菌の代わりに乳酸を補うことによって細菌性膣炎の原因になっている細菌の増殖を抑えます。

<グリコーゲン>

本来のラクトバチルス属の乳酸菌は、膣内にあるグリコーゲンを分解して乳酸を産生しています。

ラクトバチルス属の乳酸菌が増えても、栄養源となるグリコーゲンがなければ意味がありません。

グリコーゲンを補うことによって、膣内の乳酸菌を活性化して、膣の自浄作用を回復を促進します。

無香料で抗生物質、パラベン、防腐剤は一切含まれていません。

なお、パラベンは化粧品や医薬品に用いられている防腐剤です。

・使い方は簡単

1回分(5ml)がチューブに入っていますので、寝る前にチューブを膣の中に入れジェルを全て膣の中に入れるだけです。

6~12日間、症状が治まるまで毎日1本使います。

・入手方法

ギノフィットの総代理店、アマゾンや楽天の通販サイトから購入できます。

ギノフィットの総代理店はスイスにあるので、いずれの場合もスイスから送られてきます。

アマゾンでの価格は、5ml入りX12本で3,080円です。

細菌性膣炎対策ジェルについては、次の記事も参考になります。

細菌性膣炎対策ジェル「インクリア」は効果的なの?
市販薬の細菌性膣炎対策ジェル「リラクタジェル」は有効?

 ●ギノフィット細菌性膣炎対策ジェルの効果についての口コミ

ギノフィット細菌性膣炎対策ジェルって効果があるのか気になるところです。

実際使用した方の口コミが見つかりましたので、紹介します。

・購入者さん

しつこい痒みとニオイに悩まされてたのですが、こちらのメーカーのものをシリーズで使ってから調子いいのでビックリ!

個包装で衛生的だし、すごく簡単に使えてオススメです。

注文して5日で届いたのも助かりました!

・Dさん

細菌性膣炎の治癒と再発を繰り返していて、生理後に再発する感じでした。

それが乳酸ジェルを使ってからなってないんです!!

透明なジェルで使い切り。 袋に入ってるのもいい!

>>【ギノフィット】はこちら

細菌性膣炎 市販薬カテゴリの最新記事