細菌性膣炎の薬は市販されているの?乳酸菌サプリも効果的!?

細菌性膣炎の薬は市販されているの?乳酸菌サプリも効果的!?

f:id:anemonelty:20171116235007j:plain

細菌性膣炎はなかなか治らなく、治ったと安心していたらすぐに再発してしまいます。

細菌性膣炎の症状は、本人にとっては深刻なものなのにお医者さんの対応は「たいしたことでない」って感じで、対応に疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

また、デリケートな部分なので婦人科的診察に抵抗があり、病院に行くのが苦痛に感じる方も結構います。

仕事が忙しく、中々婦人科に行けない方もいるかもしれません。

細菌性膣炎を治す市販薬はないのでしょうか。

今回は、婦人科に行ったときに処方される薬にはどんなものがあるのか、それと同等の薬は市販されているのか、乳酸菌サプリを利用する方法などをご紹介します。

●細菌性膣炎に使用される薬にはどんなものがあるの

細菌性膣炎の治療に使われる薬には、次のようなものがあります。

膣内で増えた雑菌を取り除くことが必要なため、抗生物質が使われます。

・クロラムフェニコール
(商品名:クロマイ膣錠100mg)

クロラムフェニコール系の抗生物質で、名前のとおり膣内に直接入れて使います。

この薬は、膣内に増えた細菌を死滅させたり、増殖を抑える働きがあるので、数日継続すれば症状が治まるとされています。

なお、この膣錠を使うまえには効果が有効になるように、膣内洗浄をします。

この薬は、膣炎の原因となっている細菌に効果がありますが、膣の浄化作用に働いているデーデルライン桿菌も殺菌してしまうので再発する可能性があります。

・メトロニダゾール
(商品名:フラジール膣錠250mg)

メトロニダゾール系の抗菌剤です。

もともとは、トリコモナス症に処方された医薬品ですが、細菌性膣炎にも用いられます。

抗生物質とは違うので、デーデルライン桿菌を殺菌しないという特徴があります。

治療初期での膣洗浄は、クロマイ膣錠の場合と同様です。

・メトロニダゾール
(商品名:フラジール内服錠250mg)

こちらは同じメトロニダゾールですが、内服用です。

●細菌性膣炎に使える市販の薬はあるの?

以上は、お医者さんの処方があって使える医薬品ですが、これらと同等の市販薬はあるのでしょうか?

いろいろ調べてみましたが、日本では市販されていないようです。

あまり行きたくないところですが、これらの薬を使用する場合は婦人科にご相談することをおすすめします。

●乳酸菌サプリでデーデルライン桿菌を増やすのも方法の一つ

細菌性膣炎が起こる原因は、膣内に常在している乳酸菌であるデーデルライン桿菌が減少し、自浄作用が低下したためです。

このため細菌性膣炎を改善するには、デーデルライン桿菌を増やしてやればよいことになります。

そのためには、デーデルライン桿菌を配合したサプリを摂ることです。

デーデルライン桿菌とは、次のようなラクトバチルス属の乳酸菌を指しています。

・アシドフィルス菌

・ラムノーサス菌

・ロイテリ菌

・プランタラム菌

・クリスパタス菌

これらの菌を含む乳酸菌は、女性用に特化したサプリでそう多くはありませんが次のようなものがあります。

・ラクトフローラ膣剤
(フロンティア・メディカル社、国内)

膣内環境を回復・維持させるための乳酸菌カプセル製剤です。
2種類の乳酸菌が含まれています。

・ラクトフローラ内服
(フロンティア・メディカル社、国内)

内服タイプの乳酸菌カプセル製剤です。2種類の乳酸菌が含まれており、それらが膣内に移行することが示されています。

「ラクトフローラ」については、次の記事も参考になります。

女性用乳酸菌サプリ「ラクトフローラ」は細菌性膣炎に効果的なの?

・ドクターズチョイス フェミプロバイオ
(ドクターチョイス)

このサプリは米国のビューティーアンドヘルスリサーチ社の商品です。

4種類のデーデルライン桿菌が配合された、女性専用の乳酸菌サプリといえます。

ドクターズチョイス フェミプロバイオ 30日分 30粒 カプセル

新品価格
¥5,380から
(2017/11/17 00:15時点)

「フェミプロバイオ」については、次の記事も参考になります。

デーデルライン桿菌が入った「フェミプロバイオ」の効果は?

以上が、女性専用に開発された乳酸菌サプリですが、それだけあってハイプライスです。

もっと安い乳酸菌サプリを選ぶには、デーデルライン桿菌が含まれたものを選ぶことになります。

アシドフィルス菌を含む乳酸菌サプリには、次のようなものがあります。

・乳酸菌革命

f:id:anemonelty:20170527000147p:plain

デーデルライン桿菌のアシドフィルス菌、ラムノーサス菌に加え、3大乳酸菌といわれるビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌も配合  されています。

「乳酸菌革命」については、こちらの記事が参考になります。↓

アシドフィルス菌入りの「乳酸菌革命」は細菌性膣炎に効果があるの?

・ビフィーナS(スーパー)

f:id:anemonelty:20171116235236j:plain

ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ガセリ菌が配合されています。

・活き活き乳酸菌

f:id:anemonelty:20171116235337j:plain

ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ガセリ菌が配合されたサプリです。

細菌性膣炎 乳酸菌サプリカテゴリの最新記事