細菌性膣炎の症状はどんなの、乳酸菌サプリは効果があるの?

細菌性膣炎の症状はどんなの、乳酸菌サプリは効果があるの?

f:id:anemonelty:20170729001020j:plain

・魚が腐ったような悪臭のおりものが出る。

・おりものは灰白色でサラッとしている、又は淡い黄色

・生臭い臭いが下着やパンツにも移り、周りの人に気づかれないか気になる。

などの悩みはありませんか。

こんな症状があるようでしたら、細菌性膣炎の可能性があります。

でも、おりものの異常やいやな臭いは他の感染症の場合もありますので、自己判断せずに一度婦人科で診てもらうことをおすすめします。

でも、婦人科に行くとなるとデリケートなところを診てもらうことになるので、できればあまり行きたくないところですよね。

今回は細菌性膣炎はどうして起こり、どんな症状がでるのか、症状の改善方法の一つとして乳酸菌サプリも効果的であることをご紹介します。

 ●細菌性膣炎はどうして起こるの?

女性の膣内には腸内細菌と同じように、いろいろな細菌が棲んでいます。

正常な膣内にはラクトバチルス属の乳酸菌が膣内にあるグリコーゲンを栄養にして乳酸を産生しているので、膣内は酸性の環境になっています。

その結果、雑菌の侵入や健康に影響を及ぼす細菌が増殖するのを防いでいます。

非常にうまくできているしくみで、これを”膣の自浄作用”と呼んでいます。

ところが、何らかの原因でラクトバチルス属の乳酸菌が減少したり、消滅することによってこれとは違う細菌が増えてきて今までとは違った細菌のバランスとなります。

増えてくる細菌には、ガルドネレラ菌やバクテロイデス菌などがあります。

このように膣内の細菌のバランスが乱れている状態を、細菌性膣炎と呼んでいます。

●細菌性膣炎の主な症状

膣内に棲んでいる細菌のバランスが乱れている状態が、細菌性膣炎と呼ばれるものですが、この状態になっても半数の方はおりものが増えたり、魚の生臭い臭いもないといわれています。

症状の現れる方は、次のような症状になります。

・水のようにサラッとした黄色た灰色のおりものが出る

・おりものは魚のような生臭い悪臭がある

・まれに、デリケートゾーンがかゆくなったり、排尿時にしみるような違和感があります。

放置しておいて悪化すると増殖した菌が子宮や卵巣にまで波及し、子宮内膜円、卵管炎などを起こすことがあるとされていますので、注意が必要です。

●細菌性膣炎はどんな治療がされているの

婦人科に行って診てもらうと、おりものの性状などをチェックして細菌性膣炎かどうかを診断します。

もし、細菌性膣炎なら膣洗浄をして膣錠を使って治療する方法と飲み薬を使う方法がありますが、膣錠を使う方法が主にとられます。

具体的にどんな薬剤を使うのかは、こちらの記事も参考になります。

「細菌性膣炎の薬は市販されているの?乳酸菌サプリも効果的!?」

薬が効けば通常は数日で症状が改善されますが、薬を止めると再発する場合が多く、完全に治るには長期間に及ぶことがあります。

●細菌性膣炎に乳酸菌サプリが効く根拠とは!?

細菌性膣炎を膣錠以外で改善する方法はないのでしょうか。

自分でできる簡単な治療法は、悪い影響を及ぼす細菌に対抗するための「免疫力を上げること」です。

そのためには、乳酸菌が効果的といわれています。

中でも膣内にいるラクトバチルス属の乳酸菌であるアシドフィルス菌が効果的です。

アシドフィルス菌を摂るにはアシドフィルス菌が入ったヨーグルトか乳酸菌サプリを利用することですが、乳酸菌サプリの方が簡単で効率的に摂取できます。

アシドフィルス菌は体の免疫効果を高め、同じ膣内の乳酸菌であるラクトバチルス属の乳酸菌にも良い効果をもたらします。

ラクトバチルス属の乳酸菌が細菌性膣炎に効果があることは、実験結果によっても明らかになってきています。

例えば海外の事例では次のようなものがあります。

・妊娠初期に細菌性膣炎にかかった22名の女性に、アシドフィルス菌を1億個/mL含んだヨーグルトを食べてもらいました。

その結果、6週間摂取により、19名(86.4%)の方の細菌性膣症が軽快しました。

細菌性膣炎 乳酸菌サプリカテゴリの最新記事