おりものが生臭い、細菌性膣炎かも?市販薬で治せるの?

おりものが生臭い、細菌性膣炎かも?市販薬で治せるの?

f:id:anemonelty:20171207181837j:plain

おりものが嫌な臭い、魚のような生臭い臭いがして困っていることはありませんか。

おりものの色は灰白色、均一でサラッとしている感じでしたら、細菌性膣炎になっている可能性が高いです。

臭いがひどくなると人に会うのも、イヤな臭いに気づかれないか心配になり”うつ”なってしまいます。

婦人科に行くのも抵抗感があり、仕事を休まないといけないので中々行けないので市販薬で治せないものかと思うものです。

今回は、細菌性膣炎の症状や市販薬で治せないかをご紹介します。

●一般的な細菌が過剰繁殖して起こる細菌性膣炎

細菌性膣炎はトリコモナス症やクラジジミアのような感染症(STD)に分類されるものではありません。

性的な接触がなくても発症しますが、性的な接触とは必ずしも無関係とはいえないようです。

膣内には規模は小さいですが、腸の中のように様々な細菌が棲んでおりお互いにバランスを取りながら、細菌叢を作っています。

”腸内フローラ”は聞いたことがあるかもしれませんが、これと同じことで膣内に棲む細菌の集団のことをさします。

健康な膣内では、デーデルライン桿菌と呼ばれるラクトバチルス属乳酸菌が優勢になっていて、これらの菌が作り出す乳酸によって、膣内は酸性に保たれています。

このため、膣内にごく普通に共存している悪玉菌であるブドウ球菌や大腸菌が過剰に増殖できないようになっています。

ところが、ストレスが多く免疫力が低下すると、デーデルライン桿菌が減少してしまうため、悪玉菌が過剰に増殖して膣内の細菌叢のバランスが崩れていまいます。

このことによって、引き起こされるのが細菌性膣炎です。

●細菌性膣炎は市販薬で治せるの?

いやな臭いのおりものはすぐにでも治したいもの。

・婦人科で処方される薬に相当するものは市販されていない。

細菌性膣炎の可能性で婦人科に行き、やはり細菌性膣炎と診断された場合は、異常増殖した細菌を殺すためにメトロニダゾール膣錠が処方されるのが一般的です。

メトロニダゾール膣錠の商品では、”フラジール膣錠”が有名です。

この膣錠は優れた薬でデーデルライン桿菌に対しては殺菌性が弱く、細菌性膣炎の原因となっている悪玉菌に対しては殺菌性が高いという特徴があります。

このような優れた薬がドラッグストアなどで買えるといいのですが、残念ながらこれに相当するものは市販されていません。

細菌性膣炎に使われる膣錠としてもう一つ、クロラムフェニコール膣錠がありますが、これも市販されていません。

商品名では”クロマイ膣錠”が有名ですが、こちらはメトロニダゾール膣錠と違って細菌性膣炎の原因となっている細菌を殺菌すると同時に善玉菌であるデーデルライン桿菌も
殺してしまいます。

●市販品で使えるものはどんなもの?

細菌性膣炎の症状改善に使える市販薬は皆無なのでしょうか。

細菌性膣炎の悩みを抱える女性のために開発されたものに、細菌性膣炎対策ジェル「インクリア」があります。

「インクリア」はサイトによっては、膣内洗浄剤と説明されているところもありますが、”洗浄”という感覚はありません。

産婦人科医と共同開発された、ジェルです。

・「インクリア」の成分と効果とは!?

インクリアでポイントとなる成分は、”乳酸”です。

本来ならデーデルライン桿菌が作りだしている乳酸を補給して、膣内環境を整えて膣の自浄作用を高めるように働きます。

また、ヒアルロン酸も配合されていますので乾燥によるかゆみなどにも効果が期待できます。

その他にもジェルを作るための、グリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、パラキオシン安息香酸メチルなどが含まれていますが、安全性が確認されたものばかりです。

・使い方は簡単

使うタイミングは特に決まっていませんが、寝る前などに容器の先を膣内に入れてジェルを中に押し出すだけです。

入れた後、下着の汚れが気になる場合はおりものシートなどを使うことをおすすめします。

インクリアについては、こちらの記事も参考になります。

細菌性膣炎対策ジェル「インクリア」は効果的なの?

半年間で70,000個以上の販売実績、

 

臭いを抑える効果が高く、88%の女性が改善を実感しているインクリアの公式サイトはこちらから↓
>>【インクリア】

細菌性膣炎 市販薬カテゴリの最新記事