自然療法ティーツリーオイルは、細菌性膣炎にも効果的!?

自然療法ティーツリーオイルは、細菌性膣炎にも効果的!?

f:id:anemonelty:20171212182418j:plain

自然療法というのをご存知ですか?

自然療法とは薬や手術などを使わないで、病気を予防したり治したりする方法です。

この方法では自然にあるものを用いることが基本となり、例えば空気、水、光、熱、身体が持っている自然の治癒能力を生かすためにさまざまなものが用いられます。

今回は自然療法の一つとして、ハーブの仲間の”ティーツリーオイル”が細菌性膣炎にも効果的なことをご紹介します。

●自然療法とはどんな方法をいうの?

自然療法では、自然にあるものとして各種ハーブ、健康食品、ビタミン、プロバイオティクスなどが用いられます。

瞑想やヨガ、鍼灸、気功、マッサージ療法もこれに当たります。

自然療法は、言い換えれば補完代替医療ともいうことができます。

西洋医学が広くいきわたっている現代では、深刻な病気が自然療法だけでは治るものと思わないのが普通と思います。

多くの女性が悩んでいる細菌性膣炎も、婦人科で行われる膣洗浄や膣錠での治療ではいったん良くなるものの多くの方が再発というパターンを繰り返しています。

これを補完する治し方として、細菌性膣炎に悩む方がさまざまなことにトライしていることも事実です。

細菌性膣炎の症状改善にために、ヨーグルトや乳酸菌サプリを用いることもその方法の一つといえます。

実はハーブある”ティーツリーオイル”を細菌性膣炎に用いることも効果的といわれています。

●「ティーツリーオイル」とはどんなもの?

ティーツリーオイルは、オーストラリアに自生するフトモモ科メラレウカ属の植物であるティーツリーの葉を水蒸気蒸留して抽出されるエッセンシャルオイルです。

ティーツリーは、お茶の木の意味ですが単なるお茶の木ではありません。

お茶としても飲むことができますが、オーストラリアの原住民アボリジニが「薬」として使ってきた木です。

アボリジニたちは、

・感染症による傷を治す

・風邪薬

・頭痛薬

などさまざまな症状に治療薬として使ってきたといわれています。

ティーツリーの効果・効能については、1920年シドニーのアーサー・ピンフォールド博士が臨床実験で高い殺菌力と抗菌性があることを証明しました。

それ以来、石けん、殺菌消毒剤、デオドラント剤などに用いられる人気成分となっています。

ティーツリーオイルの主な効果・効能としては次のようなものがあります。

抗菌作用、 抗ウィルス作用、 殺菌作用、 抗真菌作用、免疫調整作用、 神経強壮作用、 心身の疲労回復作用など

●ティーツリーオイルは細菌性膣炎にも効果的!?

以上説明したように、ティーツリーオイルは抗真菌、抗菌作用のあるオイルです。

ティーツリーオイルがあると環境が変化し、細菌が繁殖しづらくなります。

そのため、ティーツリーオイルは細菌の増殖を抑える効果があるのです。

また、デリケートゾーンの気になる臭いを除去する効果もあります。

・使い方

プチシャワー・セペなどを使うと簡単です。

精製水にティーツリーオイルを数滴垂らし、よく混ざっていることを確認し膣洗浄します。

ただし、洗浄の頻度を多くすると膣内の善玉菌も洗い流してしまうのでやり過ぎないことです。

また、薄めてタンポンにしみこませたりする方法もあります。

なお、精油は成分を凝縮したもので肌や粘膜には刺激が強いので必ず薄めてからお使いください。

自然療法は1つの方法だけでなく、ティーツリーオイルとプロバイオティクス乳酸菌などと併せて使用するのも方法です。

細菌性膣炎 治し方カテゴリの最新記事